BLOGブログ
BLOGブログ

横浜で通う接骨院を選ぶなら当院のブログをご覧ください

横浜の人気な接骨院のブログをご覧いただき当院をご利用ください

横浜で人気の接骨院は院長によるブログをホームページに掲載して、当院の様子や毎日手掛ける症例などをご紹介しております。
ねんざやぎっくり腰など痛みがある患者様や、治療院をお探しの患者様はどうぞ当院のブログをご覧いただき、接骨院のご利用にお役立てくださいませ。
横浜で評判の接骨院はJR東海道線、横須賀線戸塚駅から徒歩5分の立地にあり、朝は7時から開院しておりますのでライフスタイルに合わせてご活用いただけます。

  • 戸塚の笠原接骨院がオスグッドシュラッター病(膝の前面の痛み)について解明

    2019/04/09

    戸塚の笠原接骨院がオスグッドシュラッター病(膝の前面の痛み)について解明

     

    こんにちは

    笠原接骨院です。

     

    今回は、よくバスケットボールやサッカーをしている方に多い外傷であるオスグッドシュラッター病についてです。運動部にいた方などはオスグッドという単語に聞き覚えがあるかもしれません。ではこのオスグッドシュラッター病とは何が原因でどのような症状があるのか、説明していきます。

     

    オスグッドシュラッター病とは、10歳~16歳ごろに起こる症状です。この年齢層に多い理由は骨や身体の成長期が関係してくるからです。成長期は男女で始まる時期が違ってくるので、オスグッドシュラッター病に関しては男子に多く発生します。この急な成長期が来ると骨の成長などが早く、それに対して筋肉や腱が追いつかなくなり引っ張られる形になります。そしてこの時期に激しい運動をすることによって、膝の前面の軟骨組織が引っ張られてしまします。

     

    症状は膝の前方に痛みが出て、ジャンプ時や、ダッシュ時などにも痛みが発生します。他にはダッシュのタイムの低下も見られます。外見上としては、骨の隆起が見られます。ただし、膝の傷病は多くあり他の傷病との鑑別が必要です。エコーもしくはMRIで診断可能なので診てもらうようにしましょう。

     

    オスグッドシュラッター病には進行具合によって四段階に分けられます。一段階目は運動を始めると痛みが出るか気づいたら感じなくなってしまうもの。二段階目は運動中に痛みが出るが終わると痛みが引くもの。三段階目は、運動中に出た痛みが運動後も残ってしまうもの。四段階目は運動に関係なく常に痛みがあるもの、この四段階です。放っておくと骨が浮いてしまう現象が起こるので注意しましょう。

     

    膝には様々な外傷があるのでしっかりとした場所で診断するようにしましょう。

    もう一つのチェックポイントは、画像のように指をそらすテストによる「浮き指」チェックを行い、原因追求をすることが、治療で行き詰まった時の助け舟になるはずです。

    ご相談下さい。

     

    以上です。

  • 本日の患者様 かかとの痛み(足底筋膜炎の疑い)

    2019/04/01

    本日の患者様 かかとの痛み(足底筋膜炎の疑いのある)方

     

    こんにちは

    笠原接骨院です。

     

    今回の患者様はかかとに痛みのある方です。

     

    足底筋膜炎の疑い 小学六年生 男子

     

    外見上はあまり違いがみられませんが初めて来院された時は松葉杖を抱えた状態でした。

    かかとの部分を押すと痛みが走ります。

    原因としては浮き指があげられます。なので、かかとの施術と共に浮き指に対してのテーピングも同時に行いました。

    かかとの痛みに対しての施術としてはまずは超音波と手技で創傷治癒の促進と痛みの緩和を狙っていきます。