BLOGブログ
BLOGブログ

横浜で通う接骨院を選ぶなら当院のブログをご覧ください

横浜の人気な接骨院のブログをご覧いただき当院をご利用ください

横浜で人気の接骨院は院長によるブログをホームページに掲載して、当院の様子や毎日手掛ける症例などをご紹介しております。
ねんざやぎっくり腰など痛みがある患者様や、治療院をお探しの患者様はどうぞ当院のブログをご覧いただき、接骨院のご利用にお役立てくださいませ。
横浜で評判の接骨院はJR東海道線、横須賀線戸塚駅から徒歩5分の立地にあり、朝は7時から開院しておりますのでライフスタイルに合わせてご活用いただけます。

  • 横浜の外反内反専門が悪影響を及ぼす靴を解明

    2018/08/31

    横浜の足裏のトラブル専門が外反内反にる悪影響を及ぼす靴を解明

    まず皆様にわかっていただきたいのは外反母趾の第一原因が靴や履物のせいではないということです。ただし、少なからず影響を与えているのも事実です。そのため今回は、外反母趾の本当の原因をわかってもらい、その上でどのような靴が良いのかなど説明をしていきます。

    1、外反内反の本当の原因

     

    2、外反内反なりやすい履物

     

    3、外反内反を改善させる為のカサハラ式バランステーピング法

     

    1、外反内反の本当の原因

    外反合判で相談に来る患者様に話を聞くと多くの方が、ヒールやパンプスのせいではないかと思われています。外反母趾は足の指の筋肉が低下することによるものです。筋肉が使えなくなると指が浮いてきたり(浮き指)人間の体重を支えられなくなり変形(外反母趾)していきます。本当の原因は指の筋力の低下です。

    2、外反内反になりやすい靴

    では、どのような靴が足の指の筋力を低下させるのか。サイズの合わない靴、先細の靴やパンプスなどです。こういうサイズの合わない靴を履くと指で引っ掛けて落ちないようにするため指が浮く、もしくは、小さくて指がつまり動かないため、指の力が衰えていきます。パンプスや先細の履物は指先を圧迫します。そのせいで本来、指を締めるための中足靭帯という甲のバンドが緩みます。そうすると親指の付け根が出っ張り出し、親指が外側に曲がり始始めます。注意しなければならないことは、指を浮かせてしまうような履物や指先を圧迫させてしまうような履物ということです。

    3、外反内反を改善させる為のカサハラ式バランステーピング法

    外反内反を予防するための履物として指先を圧迫しないもの、そして指先が浮かなくても脱げないものです。ただし、このようなものを履いて外反母趾が改善されるようなことはありません。よく広告などで履くだけで外反母趾が改善するなどと書かれているものがありますが、全てを鵜呑みにしてはいけません。外反母趾など足の症状は長年の変形や打ち付けが蓄積したものです。昨日今日でできたものではありません。改善するにも強くて正しい矯正を半年ほどやり続けるなどしなくてはなりません。横浜にある外反母趾専門の笠原接骨院では独自で開発したカサハラ式バランステーピング法で施術します。もし外反母趾や足の症状で気になる方は専門家に相談して下さい。

     

     

  • 横浜の足裏のトラブル専門が足の外反内反による体のゆがみ(ずれ)について解明

    2018/08/29

    横浜の外足裏のトラブル専門が足の外反内反による体のゆがみ(ずれ)について解明

    今回はなぜ足の外反内反による体のゆがみ、ずれが起こるか説明します。

    そもそも足の外反内反になぜなるのか。それは、指先や特に親指の踏ん張る力が弱いからです。踏ん張る力が弱いと親指がどんどん内側へ押されていきます。これが「力点」です。この時、親指の付け根が「支点」になります。では作用点はどこか。作用点は「外側のくるぶし」です。外反母趾になると親指が内側に傾き、そこで出た力は親指の付け根を作用点とし外側のくるぶしへと力が逃げていきます。この力が働き続けることにより皆様がよく見るような親指が内側に傾き付け根が出っ張った外反母趾の形へとなっていきます。

    足の外反内反になると重心がかかとに偏ります。さらにこの片寄りが左右どちらかへいきます。これによって重心は足の左右どちらかに偏ることになり常に不安定になってしまいます。この不安定さを人間の体は本能的に補おうとします。例えば、足の重心が右へ傾いていれば腰は反対の方向へ傾きバランスを取ろうとします。こういう風にして「腰」「首」「背中」などに「ゆがみ」「ずれ」が起こります。さらにゆがみなどを通り越し、骨の変形にまで発展していくこともあります。先ほどいったように外反母趾になると常にかかとに重心が片寄ります。この時、かかとに強力な衝撃やねじれという介逹外力が発生します。これにより骨が変形したり、痛みを生じます。この痛みや変形については別の記事により詳しく書いてあるので気になる方はぜひ目を通してみてください。そして、腰、背中、首などに片寄り違和感がある方、ぜひ自分の足を見てみてください。骨の変形、傾き、違和感はありませんか?

    もし少しでも当てはまった方はぜひ一度足の外反内反専門の笠原接骨院へ来院、またはご相談ください。

  • 横浜の足の外反内反専門がセルフリハビリ法を解説

    2018/08/27

    横浜の足の外反内反専門がセルフリハビリ法を解説

    今回は「グーパーリハビリ運動」についてです。グーパーリハビリ運動とは足の外反内反や、浮き指、扁平足などの不安定な足裏の治療に効果的なストレッチです。子供から高齢者まで幅広くできるストレッチなので説明をよく理解し実践してみてください。

    通常の皆様はグーパーリハビリ運動と聞くと足だけで行うことを連想するという結果が出ています。しかし足だけでは本来の成果は出ません。足だけでは,効果は足先だけです。手で例えてみると指だけを使っているようなものです。しかし手のひら全体を使った方が当然力も発揮されますよね。足も同じです。足先でけではなく足の付け根も鍛えなくては足にかかる負担を軽減するのは不可能です。カサハラ式グーパーリハビリ運動では、足の親指を中心に行います。体を支える一番大きな力は親指にあります。その親指の可動域をこの運動により広げることで他の指も連動していきます。まず「グー」の運動からです。左足の場合は左手で上から足首をわしづかみします。右手は上から親指を握り人差し指だけ足の甲にかけます。この状態で親指の付け根を内側に曲げます。これが「グー」の動きです。次にパーの運動です。グーと同じ状態で親指をぐるぐる回すのは。「パー」の動きです。人によってはグーの動きで痛みを感じる人もいます。そういった人は徐々に慣らしていきましょう。

    まとめとして、正しい指使いにするためには、握る筋肉だけでなく、指が下がる開くという可動範囲が大切なため、足指の筋トレと共に、足指のストレッチが大切なのです。

    片方1日5分で充分です。さらに三本指ソックスなどを使いながらだとより効果が増します。

  • 横浜の外反母趾専門が女性の外反内反を解明

    2018/08/27

    横浜の外反母趾専門が女性の外反内反を解明

    「足の指の外反内反は女性に多い」とよく言われていますね。では、なぜ女性に多いのでしょうか?

    女性に足の指の外反内反が多い理由は、男性より筋力が弱く筋肉量も少ないためです。男性も女性も同じ割合で重力の負担を受けていますが、女性の方がわずかに筋力が弱く筋肉量も少ないので重力の負担に負けやすいのです。では、なぜ女性の方が筋力が弱く造られているのでしょうか?

    それは、女性はお産という役割を担っているためです。女性の肉体的特徴として筋力が弱く筋肉量も少なく、そして関節も浅く、お産が安全にスムーズに行われるように造られているのです。

    ここで忘れてはいけないことは、重力によって私たち人間は生かされているということです。絶対的重力の支配下にある地球に住んでいる人間である以上、人体を重力に対する力学的構造体として捉え、男性と女性の肉体的特徴を比較して考えます。女性の方に足の指の外反内反の話をすると、ヒールや履物によるものと思われている方が多く、重力と関係していると説明できた人はいなかったはずです。人間は地球上に生まれた時から常に重力の影響を受けながら生活しています。そして当然、重力の影響を受けている以上、性差による体の痛みや不調、病気の違いもあるのです。当然足の指の外反内反も同じで程度に比例して、股関節の痛みや脱臼・骨盤のゆがみ・背骨が曲がる側湾症・顎関節の痛みや脱臼、また首の異常が多くみられます。さらに、首こり、頭痛、めまい、胃腸障害、便秘、冷えなどの症状といった自律神経失調症状態は、圧倒的に女性に多くみられます。まとめとして、足の指の外反内反にが女性に多くみられる理由は男性よりも筋力が弱く関節が緩いことです。これにより男性よりも重力の影響を受けやすくなり指の変形が男性よりも早いのです。

  • 横浜の外反母趾専門が足の指の外反内反の種類を解明

    2018/08/25

    横浜の外反母趾専門があしの足の指の外反内反の種類を解明

    足の指の外反内反を詳しく調べると5通りの発生パターンと5種類の変形がみられます。初期では判断基準が難しいかもしれませんが、特徴を早期判断し早期処置をすることが変形を最小限に抑える大切なアプローチです。今回はそれぞれの変形について説明します。

    ①靭帯性外反母趾

    主に足裏の刺激不足により踏ん張る力が弱くなるため、足の横幅(横アーチ)を支えている横中足靭帯が伸びたり緩んだりすることによって、親指が小指側に曲がってしまう外反母趾です。その約80%に小指が親指側に曲がってしまう内反小趾がみられます。

    ②仮骨性外反母趾

    浮き指により親指の付け根を強く打ち付けて歩くと打ち付けが強い部分に仮骨形成が行われます。これにより親指の付け根の骨だけが異常に出っ張った状態になり、親指は曲がっていないのに外反母趾にみえてしまいます。

    ③混合性外反母趾

    ①と②が合併して現れる外反母趾です。最初はどちらか片方から始まり、次第にその両方の用をが現れることが多いです。

    ④ハンマートゥ性外反母趾

    浮き指の人や生まれつき指が長い人に起こりやすい外反母趾です。病的ハンマートゥ(先天性)とは区別します。

    ⑤病変性外反母趾

    リウマチや足へバーデンなどの病的要素があるので著しく変形し、多くの場合脱臼を伴います。また、事故や怪我などによる変形も含まれます。

     

    まずご自身がどの変形パターンに当てはまるかを照らし合せてください。それぞれのパターンと変形の種類によって、治療の方法も変わってくるのです。

  • 横浜の外反母趾専門が土踏まずの痛み(足底筋膜炎)を解明

    2018/08/22

    横浜の外反母趾専門が土踏まずの痛み(足底筋膜炎)を解明

    土踏まずが強く引っ張られた状態でかかとに近いところで炎症が起きます。土踏まずの筋からかかとの骨の付け根にかけて押すと痛みを感じます。

    この痛みを訴えるほとんどの患者さんは『外反母趾』か『浮き指』です。浮き指になると足の指を使えなくなり体重をかかとで支えなくてはいけなくなります。外反母趾や浮き指は指が反って歩くような形となるため、常に足の裏の筋が引っ張られている状態になります。結果、その筋肉の付着部に炎症を起こしてしまいます。土踏まずの位置が高い人や、逆に扁平足の人にもみられます。

    また、腎臓の働きにより、ふくらはぎの浮腫みが強く足の筋肉がパンパンに膨れている方は、足底筋の緊張が強くなり足底筋膜炎になりやすいという特徴があります。腎臓のケアとして、冷たい飲み物の過剰摂取や、塩分過多、水分不足に十分注意しましょう。

    施術方法として、    テーピングで足裏全体で体重のバランスを支えられるように矯正していきます。最初のうちはかかとの負担が大きすぎるためサラシで固定します。期間は個人差にもよりますが、4~6ヶ月かかります。

    この足底筋膜炎は悪化して行くと一種の剥離骨折と同等の施術期間を要するようになってしまいます。もしそうなってしまった場合は骨折として認識し、施術を施さなければ完治は難しくなります。どの症状でも言っていますが早期発見が大切です。

  • 横浜の外反母趾専門がかかとの痛みについての説明

    2018/08/21

    横浜の外反母趾専門がかかとの痛みについての説明

    普段歩いてる際にかかとにチクチクやズキンズキンとした痛みがあると感じた事はありますか。その症状が進行すると歩けなくなるほどの痛みがきます。確かめる方法の1つとして、痛い方のかかとを強く押します。そうすると激痛を感じ、さらに骨の隆起(でっぱり)を感じます。もう1つ確かめる方法として痛い方のかかとを横からつまむように押すと同じような痛みを感じます。この方法は足底筋膜炎との鑑別(比較)にも使えます。痛みや不安を感じる方は試してみてください。

    ではなぜこのような症状が出るのか。それは「扁平足」や「浮き指」によるかかとへの重心の偏りです。常にかかとの骨が打ち付けられる状態になり変形していきます。扁平足や浮き指になると指先で支えなければならない重力がすべてかかとに集中してしまうのです。今回覚えてもらいたいキーワードは『扁平足』と『浮き指』です。

    治療方法として笠原接骨院ではカサハラ式バランステーピング法とサラシ固定法により、体のかかる重力を指先で支えられる足に矯正していきます。体の持つ自然治癒力がかかとを破壊して行く力よりも上回っている状態を維持させ治していきます。何年も打ち付けられることにより痛みが出ますので治すのにも相当な時間がかかり、一般的なもので一年です。ただしこの症状を放って行くと歩けなくなります。辛抱強く治していかなければなりません。早期発見、継続治療を試みましょう。

  • 横浜の外反母趾専門が舟状骨の出っ張りと痛みを解明

    2018/08/19

    横浜の外反母趾専門が舟状骨の出っ張りと痛みを解明

    舟状骨とは足の内側のくるぶしの前にある骨の事です。この舟状骨は運動をした後にズキズキとした痛みを生じます。なので、スポーツなどをする男女に多く発生します。

    なぜこような出っ張りや痛みが出るのか。その原因の多くは「外反母趾」や「浮き指」です。外反母趾や浮き指になると足の裏が外側に向き始めます。実際に足の裏を外側に向けてみてください。そうすると体重が足の内側にかかるのがわかると思います。その内側で踏ん張っている骨が舟状骨なのです。その状態で運動をすると舟状骨はどんどん外へ出っ張っていきます。出っ張った骨が靴に擦れてしまい痛みを生じる方もいます。もう一度言います。原因は「外反母趾」もしくは「浮き指」がほとんどです。

    ではどうやってこの痛みを治すのか。笠原接骨院の施術ではテーピングとサラシなどで足の裏のバランスを整えます。外反母趾や浮き指に適した独自のテーピングを施し内側に傾いている重心を正常になるように治していきます。痛みがひどい場合には厚紙を用いサラシで固定します。期間は4ヶ月です。ネットで調べると有痛性外脛骨と出てくることもありますが同じ症状のことです。もし舟状骨に痛みや出っ張りがある方、不安のある方、ぜひ一度笠原接骨院へお越しください。

  • 横浜の外反母趾専門が足の甲の痛みを解明

    2018/08/19

    横浜の外反母趾専門が足の甲の痛みを解明

    足の甲の痛みといえば、靴を履いている時に当たって痛い、歩くたびにズキズキとした痛みなどがあります。さらに症状が強いと甲に触れるだけでも痛み、足をついて体重をかけられなくなります。

    この様な痛みの原因として外反母趾や浮き指、ハイアーチ足などにより足指が浮き踏ん張ることが難しくかかとに重心が寄ってしまい体重が甲の一部に集中してしまいます。そして足指が浮いてるので歩くたびに親指の付け根からの過剰な衝撃が繰り返され、後ろ重心と合わさって足の甲の部分の関節(リスフラン関節)が変形して出っ張ってしまうのです。

    この痛みを起こしている方はすでに外反母趾などの変形や人差し指の付け根の打ち付けの痛みなどが強く現れている場合が多いです。

    この痛みに対する施術方法として、急性炎症が強い場合はアイシングし当院独自のカサハラ式バランステーピング法で固定し足裏全体で地面からの衝撃を分散するために足首をサラシで固定します。

    症状が軽度な場合は2~3週間巻き続け、悪化している場合は6~8ヶ月巻き続けます。

    痛みを我慢したり放置しておくと扁平足になってしまうため早期治療が重要です。

  • 横浜の外反母趾専門が足先のしびれ(モートン病)の痛みを解明

    2018/08/18

    横浜の外反母趾専門が足先のしびれ(モートン病)の痛みを解明

    足の薬指の付け根の部分にトゲが刺さったような『チクチク』や『ピリピリ』とした痛みや熱感、ほてり感などの違和感を感じることがあります。また、足の薬指の付け根を上下から手で強くつまむと激痛とともにしびれを感じる事があります。このモートン病の特徴は痛みや違和感が『足の薬指の付け根』にくるという事です。

    モートン病の原因は主に3つあり、1つ目は神経種による痛み。2つ目が足の薬指の付け根の骨の変形によるもの。3つ目が足のへバーデンによるものです。特に多いのが2つ目の骨の変形です。これは外反母趾や浮き指などにより指の付け根の関節が緩みます。こうなると足の裏が逆アーチの形になり薬指の付け根を過剰に打ち付ける事になり骨の変形に繋がります。変形により普段届かないような神経に圧迫がされてしまい激しい痛みや痺れをきたします。

    ではどのような治療法で治すのか。

    笠原接骨院では当院独自のテーピング法を用い緩んだ関節を矯正し、正しい足の形を再生していきます。もし痛みがひどい場合にはテーピングの上から足首を固定して、足首の筋や腱の伸び縮みを抑制し痛みの軽減を図ります。この治療法を用いて4~6ヶ月間続けると骨の変形が矯正されていきます。ただ、このモートン病を発症してからも長期間放って置いたりしてしまうと治るのにも期間を要します。なので早期発見、早期治療が大切です。

    この症例は誤診も多くさらに難治性の足の痛みです。他の症例よりも治療期間がかかります。さらに治ってからも継続してサポーターやリハビリ運動をしなければまた元の逆アーチの形に戻ってしまいます。もし見つけたら早期治療、そして継続して治療を続けていく事が大切です。

  • 横浜の外反母趾専門が指の付け根の痛みを解明

    2018/08/13

    横浜の外反母趾専門が指の付け根の痛みを解明

    歩行時や足に体重をかけた際に足の人差し指の付け根が痛む、上下から強くつまむと激痛が走る、左右の足と比べると骨が太くなっている感じ、足裏の痛むポイントに厚くタコができてしまうというお悩みの皆さまに「何故」こうなってしまうかという疑問にお答え致します。

    まず立ち仕事や外歩きを多くされる方に多くみられ、大きな原因として足に外反母趾や浮き指があり、足指が縮こまり人差し指の付け根と踵の2点でついてしまい、この2点の重圧が強くなってしまい、必要以上に人差し指の付け根を強く打ち付けてしまい、タコをつくってしまうということが挙げられます。

    また足にへバーデン性の外反母趾があると通常の外反母趾よりも変形がかなり強く、人差し指が親指の上に乗ってしまい亜脱臼を伴っている場合もあり、打ち付けが強くなってしまうのと、すでに疲労骨折を起こしている場合はその部分の骨が太くなっているので打ち付けが強くなり痛みが出てくるといった原因があります。

    治療方法としてはカサハラ式バランステーピング法を施し、横アーチ、縦アーチを作り上げて足裏全体に体重を分散できる状態をにし免震機能を高めます。痛みが強い場合は負担度より安静度を高める必要があり、足首を包帯で固定し、自然治癒能力を発揮させます。

    また、履物に免震インソールでクッション性を極力高めることも必要です。

    この部分の痛みを起こす方は原因でも挙げたへバーデン(膠原病の一種)という軟骨の組織が弱く、外反母趾の変形のみならず、全身の関節部分の変形を起こしている可能性が非常に高いので痛みのある部位には早期の対処が必要です。

     

  • 横浜の外反母趾専門が小指の痛みを解明

    2018/08/10

    横浜の外反母趾専門が小指の痛みを解明

    外指の外反内反といえば、足の親指が小指側に曲がり、親指の付け根の骨が出っ張ったような変形が特徴です。しかし、それとは逆に足の小指が親指側に曲がっていたり、小指の付け根の骨が出っ張ったような変形をしてしまった人もいると思われます。小指の付け根に歩くたびに激しい痛みが走ったり、小指の外側や裏側などにタコが出来てしまったり赤く腫れあがるなどの症状があります。実はこれらの症状は内反小趾と呼ばれるもので、指の外反内反と共に現れる場合が多いのです。

    原因として考えられるのは、足指に踏ん張る力がなくなり、小指側の靭帯が緩んでしまった結果、その靭帯に付着している骨は緩んでしまった分だけ外側に開いてしまい、小指は逆に内側に曲がってしまうため小指がさらに踏ん張ることができなくなり、小指の付け根に体重が集中して痛みが現れます。さらにパンプスやヒールなどの先端が細くなった靴を履き続けてしまうと症状を悪化させてしまい、小指が圧迫されてより強い痛みが現れてしまうのです。

    これらの症状に対する施術方法としては外反母趾の時と同じく、カサハラ式バランステーピング法を用いて指を開き、足の甲を締めて足が本来持っている機能を発揮させます。痛みが強い人は横ぶれによる小指側の負担を軽くするために、足首をサラシで固定すると効果的です。この施術を1~2ヶ月ほど続けていくことが大切です。

    指の外反内反は知っていても内反小趾については知らず、それどころか気付かずに日常生活を過ごしている方は、多くいらっしゃると思います。小指の握る力が大きく低下してしまった結果、指の爪自体も退化して、無くなりかけている方も中にはいるかもしれません。また、小指に踏ん張る力がないと、身体の横揺れを止めることができないため、揺れの影響を大きく受けてしまう上部の首を悪くしてしまう場合もあります。離れていても首と足の関係性に注意して日常生活を過ごしましょう。

     

  • 横浜の外反母趾専門は親指の痛みを解明

    2018/08/09

    横浜の外反母趾専門は親指の痛みを解明

    足の親指の出っ張った部分が靴に当たって痛い、なんとなく親指の形が変形している気がする、赤く腫れてしまったり、骨が太くなった気がする、親指の付け根を上下から強くつまむと激痛が走るなどの症状はございませんか?

    これは、仮骨性外反母趾という足の指の外反内反が原因です。仮骨性外反母趾について少し説明します。浮き指により足に踏ん張る力がなく足先を浮かせて歩いてしまうと、親指の付け根を強く打ち付けて歩く形になってしまいます。この強い打ち付けを繰り返すことにより親指の付け根の骨は破壊されてしまいます。人間の体は、破壊されないように仮骨を形成して骨を太くして守ろうとします。この太くなった骨が出っ張ってしまい、外反母趾のように見えてしまうのです。これを仮骨性外反母趾と言います。親指が関節部分から外側に曲がってしまう外反母趾(靭帯性外反母趾)とは少し違います。「そのうち治るだろう」と、痛いのを我慢してたくさん歩いてしまうと骨破壊と骨の増殖を何度も繰り返してしまいます。放置すればするほど親指の付け根の骨は太くなり、痛みも強くなってしまうのです。痛いと思い始めた炎症期に手を打つことが大切です。では、具体的には何をすれば良いか説明いたします。まずカサハラ式バランステーピング方で足の形を整え、親指の付け根にかかる負担を足裏全体に分散させます。出っ張りが強く靴に当たって痛む場合は出っ張った部分にソルボ製クッションを当てる場合もあります。正しい施術を繰り返すことにより2ヶ月で痛みは消失します。

    注意事項として、過剰な打ち付けが繰り返されることにより、骨破壊され骨が増殖する為、炎症期にたくさん距離を歩くことや、ハイヒールを履いて指の付け根一点に過剰な荷重をかけることは控えることが、早期回復のカギです。

    靴の注意点として、紐靴で当たりの調整ができるものを選び、中敷きをカサハラ式ソルボ別注インソールにすることにより付け根への衝撃を最小限に抑えることが大切です。

横浜で選ばれる接骨院はホームページにブログを開設して、日々ご来院になる患者様の改善していくご様子や、院内の雰囲気をご覧いただいております。
治療のため接骨院のご利用をお考えの患者様はどうぞこちらのブログをご覧いただき、ご不安なくご来院いただけますようお役立てくださいませ。
横浜で評判の接骨院は患者様がご利用になりやすいように、朝7時から診療をしておりますので通勤・通学前の患部の治療にもお役立ていただけます。
活発になる日中活動から患部を守るためのテーピングや包帯固定にお立ち寄りになる患者様も多く、大変ご好評いただいております。
また当院は足の痛みを改善する専門治療を手掛けており、扁平足や足の外反の痛みを独自のカサハラ式テーピング法で改善することができます。
今ある痛みを緩和して、痛みのない自分らしい毎日を送る確かな治療をご提供いたします。