BLOGブログ
BLOGブログ

横浜で通う接骨院を選ぶなら当院のブログをご覧ください

横浜の人気な接骨院のブログをご覧いただき当院をご利用ください

横浜で人気の接骨院は院長によるブログをホームページに掲載して、当院の様子や毎日手掛ける症例などをご紹介しております。
ねんざやぎっくり腰など痛みがある患者様や、治療院をお探しの患者様はどうぞ当院のブログをご覧いただき、接骨院のご利用にお役立てくださいませ。
横浜で評判の接骨院はJR東海道線、横須賀線戸塚駅から徒歩5分の立地にあり、朝は7時から開院しておりますのでライフスタイルに合わせてご活用いただけます。

  • 戸塚の笠原接骨院が変形足関節症について解明

    2019/03/27

    戸塚の笠原接骨院が変形性足関節症について解明

    こんにちは

    笠原接骨院です。

    今回、説明するのは変形性足関節症という症名のものです。変形性と聞くと膝などを思い浮かぶ方が多いのではないかと思いますが、この症状は膝以外にも発生します。では膝の場合はどのようなことが起きているのか。大腿の骨と下腿の骨がくっついてる部分に半月板という組織があります。その部分は傾いて使っていくうちに擦り減っていき変形してしまいます。そうすると骨と骨とがすりあってしまい痛みや違和感を覚えます。このような症状が変形性膝関節症に属します。

    さて、この基礎知識を頭に入れたうえで足首の変形性足関節症について説明していきたいと思います。足首の場合は下腿の骨と足との間に距骨という骨があります。この距骨と下腿の骨の接合部分の軟骨組織に痛みが出るのが原因です。この痛みというのは、膝と同じく傾きによるものです。特に足首の場合は、内側が反る内反が多いです。そうすると内側へ傾いてしまった下腿の骨と距骨がぶつかり合ってしまい、痛みが出ます。仕組みとしてはこのようになっています。加齢による靭帯のゆるみ、または、足首の骨折、捻挫により傾いてしまった足首がそのままの状態になってしまい痛めてしまうなどがあります。

    判断基準としては、内側に痛みがあるか、また腫れがあるかなどを診ます。

    施術としては、保存療法があります。保存療法とは手術に頼らず少し期間はかかりますが身体自体の治癒力を活かした施術法です。この症例の場合は、足首を包帯で固定します。内反してしまっている足であれば外反に矯正するためにアプローチをかけます。包帯の固定力であれば痛みをとることも可能です。しかし個人差があります。効果がないのであれば手術の選択の可能性も出てきます。医師に相談するようにしましょう。

     

  • https://www.google.com/imgres?imgurl=https%3A%2F%2F4.bp.blogspot.com%2F-bY_8pbYYE6E%2FWb8gpwt9yPI%2FAAAAAAABGzM%2Fl3fvjdalvjciML3_Yt9ah0LfFCoA8BiewCLcBGAs%2Fs800%2Fsick_tenkitsuu.png&imgrefurl=https%3A%2F%2Fwww.irasutoya.com%2F2017%2F10%2Fblog-post_906.html&docid=AAjXVDvzK3_G0M&tbnid=vjN1NNz38UDnsM%3A&vet=10ahUKEwiIg72e6pzhAhUOGaYKHUh1DSgQMwiFASg5MDk..i&w=720&h=800&bih=578&biw=1280&q=%E5%A4%A9%E6%B0%97%E7%97%9B&ved=0ahUKEwiIg72e6pzhAhUOGaYKHUh1DSgQMwiFASg5MDk&iact=mrc&uact=8

    戸塚の笠原接骨院が気象と関節や身体の痛みとの関係について解明

    2019/03/25

    戸塚の笠原接骨院が気象と関節や身体の痛みとの関係について解明

     

    こんにちは。笠原接骨院です。

     

    今回は、気象と関節や身体の痛みの関係について説明します。

     

    11月ごろから3月の頭まで、当院の患者様の多くに腰や膝の痛みを訴える方が多く来院されました。この傾向は偶然ではありません。また、日によって痛みが出たり、調子がいい日があるという方もいます。そういう方の多くは前日が雨天であったり、気温が高く陽が出ているということが多いです。こういった現象にはしっかりとした裏付けがあります。

     

    青森の大学の研究チームがリウマチの患者様を対象に天気との関係性について調査しました。調査の仕方は、リウマチの患者様に痛みの状況から天気を予測してもらいました。結果は62%の正解率をたたき出しました。一般の方の正解率よりも高い数値でした。特にリウマチの炎症が大きい方の方が正解率も高かったです。ではなぜこういった結果が出るのか。

    それは気圧の低下と神経の活動が関係してきます。気圧が低くなると組織内圧が上昇します。これにより神経活動が活発になり痛みが増加します。これは低気圧によるものです。

    温度の低下による場合は交感神経が関わってきます。

     

    またもう一つ関わってくるのが心因性要素、気象によるストレスです。天気が悪いとなかなか心が晴れないと思います。そういった感情は脳内にある大脳辺縁系という場所に影響を与え、その影響は自律神経にも及びます。その結果、先ほどと同じような状態になってしまいます。

     

    このように気候と体の痛みは関係しているということを知っておくと痛みにも対応しやすいかと思います。

     

    以上です。

     

  • 本日の患者様 足先に痺れ(モートン病)の患者様

    2019/03/22

    本日の患者様  右足の指先に痺れのある患者様 (モートン病)

     

    こんにちは

    笠原接骨院です。

     

    そろそろ桜の開花でしょうか?

    笠原接骨院の患者様との会話の中でもお花見についてたくさんお話しすることが増えてきました。気温も上がり、運動しやすくなってきましたね。くれぐれもおケガには気をつけてください。

     

    さて今回の症例は足先の痺れ(モートン病)です。特に薬指に発症するケースのものをいいます。

    症状としてはチクチク、ピリピリといった何かに刺されているような感覚を覚える事が多いです。実際に痺れのような違和感のある部分をつまんでみると激痛や強い痺れを感じます。今回の方もそのような痺れがあるとの事でした。

    こちらが患者様の実際の部位の写真です。少し足先をつまんでもらって撮りました。

     

    指が浮いてしまっているのがお分かりいただけると思います。このように足の指が浮いてしまっていると、付け根の部分を過剰に打ち付けてしまいます。その結果、骨が変形しその部分の神経が圧迫され痺れや痛みが発生します。浮き指につきましてはホームページのお客様の症例の場所にも記載しておりますのでご確認ください。

    この患者様の場合、革靴による足への圧迫が大きな要因の1つです。

     

    ではどのように施術していくのか。

     

    浮き指の症状を緩和していくことが痺れを取るためには必要になります。そのためテーピングによる矯正をかけていきます。しかしこの患者様の場合は痺れが強かったのでより矯正をしっかりかけるために足首を包帯で固定しました。これにより付け根の部分への打ち付けの衝撃を緩和できます。包帯を巻く場合には濡らすことができないのでご自身で巻けるよう動画も撮っていただきました。

    こちらが施術後の写真です。

    このようにしっかり巻きます。患者様もびっくりされていました。

    しかしこのくらいしっかり固定するようにすると固定力が上がり破壊度よりも安静度が上回り治癒力が向上します。

    まずはこの施術できつさであったり生活上の問題がないかを見てもらい2回目以降の繋げていきます。

     

    以上です。

  • 様々ある足の変形について横浜の足裏のトラブル専門が解明

    2019/03/20

    様々ある足の変形について横浜の足裏のトラブル専門が解明

     

    こんにちは

    笠原接骨院です。

     

    今回は今までお話してきた足の変形、例えば足の指の外反内反、ヘバーデン結節、リウマチなどによる変形があります。しかしこれらの違いはなにか良くわからない方が多いと思います。今まで書いた記事の中で詳しく書いているのですが、一つ一つをしっかり理解するというのは大変だと思うので今回は簡潔にまとめます。

    指が変形した場合、リウマチによるものなのかヘバーデン結節によるものなのか迷った場合は何番目の関節なのかに注目しましょう。第一関節、爪の先から数えて一番目です。ここが変形した場合ヘバーデン結節によるが多いです。他の特徴として関節を挟んで二つのこぶが出来てしまうのが特徴です。第二関節にこのような特徴が出た場合はブジャール結節といいます。

    ではリウマチとはどのような症状なのか。指の第二、第三関節が動かしづらくなります。他の特徴として片方にこの症状が起こるともう片方にも症状が出ます。あと微熱などの全身性の疾患を合併しやすいです。このようにリウマチとヘバーデン結節には分かり易い違いがあります。

    まとめると、まず注目すべきなのが何番目の関節なのか。そしてその間接にどのような症状が出ているのか。に注目しましょう。いるのか。一番目の関節に変形が出てきてその間接を挟んでこぶができるとヘバーデン結節の可能性が高いです。二番目や三番目の関節にこわばりが出た場合はリウマチの可能性を疑います。

    このような違いを認識して確認してみましょう。

  • 戸塚の笠原接骨院が癖のついてしまった足首捻挫について解明

    2019/03/19

    戸塚の笠原接骨院が癖のついてしまった足首捻挫について解明いたします。

     

    こんにちは。

    笠原接骨院です。

    今回は、足首の慢性的な捻挫。医学用語でいうと慢性足関節不安定症(CAI)と言われるものです。サイトのトップでも言っている通り当院は足関節捻挫の対応に力を入れています。そのくらいこの傷病は多い症例です。特に足関節の内返しの捻挫が多いです。これは足の構造上的に距骨の位置と外側についている靭帯の方が細く伸びやすくなっているのが原因です。

    そして今回説明するのがこの足関節捻挫の再発についてです。この記事を観てもらっている方の中にも体験したことのある方がいるかもしれません。一度、大きな捻挫をしてしまうとその後、捻挫癖がついてしまい同じ捻挫を繰り返してしまう事です。文献を参考にすると、一度捻挫をしたのち再発してしまう確率は約50%です。さらにそのうちの約20%の方は状態が悪く常にテーピングなどで固定をしています。中にはスポーツ選手だと競技の断念。仕事が出来なくなってしまう方もいます。

    慢性足関節不安定症の定義として距骨という下腿と足首とが重なる部分の骨の傾きが原因とされています。一度、大きな捻挫をしてしまい固定をしっかりしないと傾いたまま固定されてしまいます。一度傾いてしまうとなかなか正しい位置に戻すのは難しいです。

    ちなみに足関節の捻挫が多いスポーツとして男女ともに一位と二位はバスケットボールとサッカーでした。

    一回目の治療が重要になっていくので意識するようにしましょう。

     

  • 本日の患者様 浮き指の方 戸塚の笠原接骨院

    2019/03/18

    本実の患者様 浮き指による母趾の変形

     

    こんにちは。

    笠原接骨院です。

     

    今回は、浮き指による母趾の変形がついてしまった患者様です。まずはその方の足の写真を実際に見てみましょう。

     

    小学六年生の女の子です。ほかの指に比べて母趾だけ上に浮いてしまっているのがお分かりいただけるかと思います。この子のお母様が靴の上の部分に穴が開いていたことに気づき、笠原接骨院にお越しいただきました。その靴の写真がこちらです。