BLOGブログ
  • 戸塚の笠原接骨院がオスグッドシュラッター病(膝の前面の痛み)について解明

    2019/04/09

    戸塚の笠原接骨院がオスグッドシュラッター病(膝の前面の痛み)について解明

     

    こんにちは

    笠原接骨院です。

     

    今回は、よくバスケットボールやサッカーをしている方に多い外傷であるオスグッドシュラッター病についてです。運動部にいた方などはオスグッドという単語に聞き覚えがあるかもしれません。ではこのオスグッドシュラッター病とは何が原因でどのような症状があるのか、説明していきます。

     

    オスグッドシュラッター病とは、10歳~16歳ごろに起こる症状です。この年齢層に多い理由は骨や身体の成長期が関係してくるからです。成長期は男女で始まる時期が違ってくるので、オスグッドシュラッター病に関しては男子に多く発生します。この急な成長期が来ると骨の成長などが早く、それに対して筋肉や腱が追いつかなくなり引っ張られる形になります。そしてこの時期に激しい運動をすることによって、膝の前面の軟骨組織が引っ張られてしまします。

     

    症状は膝の前方に痛みが出て、ジャンプ時や、ダッシュ時などにも痛みが発生します。他にはダッシュのタイムの低下も見られます。外見上としては、骨の隆起が見られます。ただし、膝の傷病は多くあり他の傷病との鑑別が必要です。エコーもしくはMRIで診断可能なので診てもらうようにしましょう。

     

    オスグッドシュラッター病には進行具合によって四段階に分けられます。一段階目は運動を始めると痛みが出るか気づいたら感じなくなってしまうもの。二段階目は運動中に痛みが出るが終わると痛みが引くもの。三段階目は、運動中に出た痛みが運動後も残ってしまうもの。四段階目は運動に関係なく常に痛みがあるもの、この四段階です。放っておくと骨が浮いてしまう現象が起こるので注意しましょう。

     

    膝には様々な外傷があるのでしっかりとした場所で診断するようにしましょう。

    もう一つのチェックポイントは、画像のように指をそらすテストによる「浮き指」チェックを行い、原因追求をすることが、治療で行き詰まった時の助け舟になるはずです。

    ご相談下さい。

     

    以上です。

  • 横浜の足裏のトラブル専門がジャンパー膝について解明

    2019/02/18

    横浜の足裏のトラブル専門がジャンパー膝について解明

     

    こんにちは

     

    笠原接骨院です。今回はジャンパー膝について症状、原因、施術法について説明していきたいと思います。

     

    ではまずジャンパー膝とはどういう症状なのか。痛めた初期の頃は歩き始めると痛くなり、慣れてくると痛みが消えてきます。さらにここから進行すると膝の奥の方、表面ではない部分に痛みが生じます。悪化していくとさらに痛みが増していきます。確認する方法として膝のおさらの下部の方から親指で押し上げてみてください。激痛が走ります。これはおさらの下にある脂肪組織が肥厚し、盛り上がっているのが特徴です。    

    比較的若い、10~20ぐらいの長身の方に多く見られます。

     

    ではなぜこのような症状が出てしまうのか。この症状の名前にも入っているようにジャンプや足の曲げ伸ばしが関わってきます。こういう運動をすると太ももの筋肉が引っ張られます。さらにこれに膝の骨(膝蓋骨)がつられて引っ張られます。これにより膝の骨とスネの部分の骨とを繋ぐ筋肉の部分が損傷してしまいます。結果、膝のおさらの下の部分に脂肪がたまってしまい痛みを伴います。

     

    もう1つ原因として、骨の成長に筋肉がついていかないパターンがあります。小学生の女の子や中学生の男の子だと成長期がきて骨が急成長します。これに筋肉が対応しきれず、先ほど言った症状が出てしまいます。

     

    施術法として、まずは患部の血行促進を図るため温熱療法をします。その後、包帯による固定を施し可動域に制限をかけて炎症を抑えます。これを三週間ほど続けると伸びてしまった筋肉が抑えられてきます。

  • 横浜の足裏のトラブル専門が変形性膝関節症について解明

    2019/02/18

    横浜の足裏のトラブル専門が変形性膝関節症について解明

     

    こんにちは  

     

    笠原接骨院です。

     

     

    今回は変形性膝関節症についてです。もし発症してしまった場合、どのような痛みが出るのか、どのような施術をするのか。説明していきます。

     

    まずは症状について、痛みは膝の内側に出ます。年齢でいうと中高年の女性に多く歩き始めや立ち上がる際に痛みを発します。この状態を放っておくと徐々に変形していきます。

     

    ご自身で確認する方法として、膝の内側の部分を押してみてください。押し込んだ部分に痛みを発したら変形性膝関節症の可能性が高いです。少年期に同じような症状を発した場合は、変形性膝関節症ではなく「スポーツ障害」や「ひざ関節症」と診断されます。

     

    なぜこのような症状がでてしまうのか。

    1つはO脚による膝の変形で、内側に重心が偏ってしまいます。これにより常に負担がかかっている状態になります。

    2つ目は、浮き指によりかかと重心になってしまい、衝撃がすべて膝へ伝わってしまう状態になります。

    これらの状態が反復される事が1番大きな原因になります。

     

    どのような施術を施すのか。

    サラシ包帯固定などで、膝を破壊していく負担度よりも安静度が上回る状態を維持させます。この状態を続けなければ一行に状態は良くなりません。

     

    気になる方はお近くの接骨院へ

  • 膝の水について横浜の足裏のトラブル専門が解明

    2019/02/18

    こんにちは。

    笠原接骨院です。

    今回は膝の水について説明していきます。

    聞いた事はあるけど実際のどのようなものでどのように症状を緩和していけばいいかわからないという方も多いではないのでしょうか。そのような方にも分かり易くお伝えできればなと思います。

     

    膝の水とはどのような役割を果たしているのか。

    まず最初に膝の水自体が悪いものということではありません。健康な人にも膝の水はあります。この水は関節液と呼ばれます。この関節液は、体重を支えている上の骨と下の骨がこすれあう関節面で摩耗しないようにし、関節の変形や老化を防ぎます。他にも関節腔内の水分の移動や軟骨内の水分を移動させる役目があります。

    また、膝の軟骨には血管が通っていません。そのため、膝の栄養供給に、関節液は必要不可欠です。しかしこの水が溜まってしまうことがあります。

    水が溜まってしまう理由の一つに関節面の炎症があります。炎症が起きてしまうとこすれあってしまうのを防ぐために内圧を上げようとします。その結果たくさんの関節液がでます。つまり防御反応のひとつなのです。

    良くたまった水を抜くという方の話を聞くことがあると思います。しかしどうでしょう。先ほども言ったように、関節液は膝にとって重要な役割を担っています。抜きすぎてしまうと、栄養源の供給が出来なくなってしまったり、骨が出っ張たりします。そのくらい栄養の供給は必要なのです。

    膝にたまってしまった水は圧迫療法でとることが可能です。包帯やクッション部材を使うとより圧迫することが可能です。

  • 横浜の笠原接骨院が「反張膝(はんちょうひざ)」について解明

    2018/09/24

    横浜の笠原接骨院が「反張膝(はんちょうひざ)」について解明

     

    こんにちは

     

    笠原接骨院です。

     

    最近、雨の日が多く患者様の足もなかなか重いみたいです。太陽の光を浴びないと、身体にも悪影響を及びます。晴れた日は外に出ましょう!

     

    今日は膝が反ってしまうことによる症状「反張膝」についてみなさんに説明していきたいと思います。小児期や女性に多い症状なのでぜひ注意して聞いてください。

     

    この反張膝は、症状として幼稚園生くらいの子供に多く、昼間に楽しく遊んできてお家でお風呂に入った後に就寝する前に膝に痛みを生じるなどがあります。よく成長痛と勘違いされている方も多くいますが違います。しっかりとした原因があります。

     

    膝が反る原因は足の指にあります。小さい子供の足の指は常に上を向いています。元気よく外で遊ぶような子供は、もっと指が反ります。そして指が反ったときに膝の筋も力学的に反ってしまいます。この膝の反った状態が続くことにより膝の筋が炎症を起こします。それに気づかずお風呂などに入って患部を温めてしまうと、余計炎症を起こしてしまいます。そして夜、熱が冷めて筋肉が縮んだときに激しい痛みが生じます。

     

    だからといって外で遊ぶな、となるのは悲しいですよね。足の指は外で遊ぶことで筋肉がつきます。そこで、自分の子供が反張膝になった時のためにセルフケア法を教えます。

     

    1、座った状態で親指を指で掴み下に向けて曲げる運動をしましょう。反ってしまった指を元に戻すのが目的です。

     

    2、手で膝裏をマッサージしましょう。なるべく血行を促進させるようにしましょう。お風呂上がりなどがいいです。

     

    3、サラシを巻きましょう。少し曲げた状態を維持させます。これにより膝の反った状態を曲げた状態に戻していきます。笠原接骨院では毎日通えないような患者様には、自身で巻けるように巻き方を教えます。

     

    4、常に膝を少し曲げた状態をキープしましょう。日頃の姿勢を変えるだけでも全然違います。

     

    最初にも言いましたがこの症状は、成長痛と診断されがちですが違います。反張膝と言われる足の指からくる関連症状です。先ほど言ったセルフケア法をやってみてください。小児期なので改善も早く回復も早いです。もしわからない事がありましたら笠原接骨院までお問い合わせください。他にも、小児の膝や足の裏についても書いてありますのでぜひご覧ください。

     

     

  • 横浜の笠原接骨院が宣言する、「膝の痛みは3週間でとる」

    2018/09/21

    横浜の笠原接骨院が宣言する、「膝の痛みは3週間でとる」

     

    こんにちは。

     

    横浜の足の外反内反の専門笠原接骨院です。

     

    今回は前回に続き膝の痛みについてです。

     

    どんなに痛い膝の悩みも3週間で痛みをとる。笠原接骨院の理論とサラシ固定を用いて3週間で痛みを取りもう半分で歩く際などの不安感をとっていきます。この理論を語るためには「証拠」と「事実」がなくてはいけません。

     

    ではどのようにして膝の痛みをとっていくのか。その理論を解明していきます。

     

     

    膝の痛みがどのくらいの期間で緩和するかご存知でしょうか。もしかしたら一生取れないのではないかと思う方もいるかもしません。でも安心してください。痛みをとること自体は3週間でとれます。それを実行するためには施術者の技術と知識、そして患者様の努力、痛みをとりたいんだという気持ちも大事になっていきます。

     

    ここからは施術内容について解明していきます。

     

     

    1、まずはサラシを巻きます。膝のサラシ固定の巻き方については動画も載っているのでぜひご覧になってください。これにより膝の関節面で上にある骨と下にある骨の衝突を防ぎます。3週間、状況にもよりますがほぼ毎日巻きます。これにより膝にかかる「負担度」よりも「安静度」を上回るようにします。そうすると自然治癒力が身につきます。この自然治癒力こそが痛みをとるのに重要な存在なのです。

     

     

    2、インソールを靴に入れます。足の裏からくる衝撃、突き上げを少しでも防ぐためカサハラ式インソールを靴の中に入れます。これにより先ほど話した負担度を下げます。安静度はより強力なものになり自然治癒力も大幅に上がります。

     

     

    3、姿勢についてです。立っているときは常に膝を少し曲げるようにしましょう。膝を曲げる際に使う筋肉をつけ地面からの衝撃も減らします。

     

     

    横浜の笠原接骨院では、初めてみえた膝の痛みの患者様に、この3つを説明し理解してもらい、どのように通うか話し合い一緒に改善していきます。最初にもいいましたが、3週間で痛みをとるには患者様の努力も必要です。膝を巻くために通えるかなど患者様の膝をよくしたいという思いが何より重要です。膝の痛みが改善したらどんな事がしたいですか。どんな夢がありますか。その夢や目標に寄り添い、手助けをするのが私達の仕事であり誇りです。

    自分の膝と向き合うことをしてみましょう。

     

  • 横浜の笠原接骨院が「膝が痛む本当の原因」を解明

    2018/09/20

    横浜の笠原接骨院が「膝が痛む本当の原因」を解明

     

    こんにちは、笠原接骨院です。今回は当院に来られる患者様の中でも多くを占める「膝の痛み」の原因についてです。なかなか知っている方も少ないと思います。今、膝を痛めている方、または親族の中に膝を痛めている方がいる方。先に言っておきますが加齢による事が原因ではありません。若い方も是非見てください。

     

    まず真実から言わせていただきますと、「自然界にはもともと衝撃波とねじれ派が存在している」という事です。

     

    意味がわかりませんと思う方。私も初めて聞いたときは「?」が頭の中にいっぱいでした。笑

     

    分かりやすいようにじっくり説明していきます。

     

     

    この衝撃波とねじれ波とはアインシュタインが発見したものです。アインシュタイン自身は「長い波長と短い波長」と表現しました。

     

    ではこの「衝撃波とねじれ波」一体何なのか。

     

     

    地震にたとえてみましょう。地震が来た際、縦揺れと横揺れがありますね。衝撃波は地震でいう縦揺れのような衝撃のことを言います。ねじれ波は横揺れのことを言います。

    これを人間に例えると人間の足に対し縦の衝撃と横の衝撃が常にかかっているということです。

     

     

    そしてこの衝撃を何度も何度も受けることによって膝は破壊されます。膝の自然界の力「衝撃波とねじれ波」によって影響を受けるのです。まず原因の根本を理解していただけでしょうか。

     

     

    でも世の中の人が全員、膝の痛みに悩んでいるわけではありませんよね。それはなぜか。

    この衝撃波とねじれ波の衝撃が膝に伝わりやすいか、そうでないのかの違いです。その違いは「足の裏」なのです。足の裏の形が悪いと不安定になり衝撃を受けた際に耐えれなくなってしまいます。そうなると当然、次は膝に衝撃が来るようになります。

    膝が痛いという患者様の大半が足の裏に異常があります。

    ご自身でも確認してみましょう。

     

     

    そしてこの膝の痛み、横浜の笠原接骨院ではサラシを使った固定を施します。歩行が可能な状態を維持しながら患部をしっかり固定することによって破壊度よりも安静度を高めていきます。横浜の笠原接骨院では平日は朝7時から診療を開始しています。仕事前に巻いていかれる患者様も多くいます。土曜、日曜日も休みなく診療しております。膝の痛みは放っておけば置くほどその分、長い治療期間がかかってしまいます。早期治療が大切です。

    お困りの方、笠原接骨院へお越しください。サラシの説明から巻き方まで詳しく説明します。毎日通えなくてもご自分で巻かれる方も多くいます。

     

    是非一度ご相談を。