BLOGブログ
  • 横浜の笠原接骨院が背骨について解明

    2019/02/19

    横浜の笠原接骨院が背骨について解明

     

    こんにちは笠原接骨院です。

     

    今回は背骨についてです。正式には脊柱と呼びます。脊柱は一本の骨だけではなく、成人では26本の骨で構成されるようになります。

     

    その内訳は、

     

    上から頸椎が7個、

     

    次が胸椎で12個、

     

    その次が腰椎で5個、

     

    お尻に入って仙骨と尾骨が1個ずつというふうになっています。

     

    他の動物も頸椎は同じ数あります。なので首の太い象も、首の長いキリンもなども人間と同じ7個の頸椎で成り立っています。

     

    先程、内訳の際に仙骨と尾骨だけ最後、骨がつくのに少し疑問を持った方もいたのではないでしょうか。この仙骨と尾骨、もともと小児期の頃までは仙椎と尾椎と呼ばれていて仙椎は5個、尾椎は3~5個で構成されています。この椎体の間には繊維軟骨の椎間板があり成長に伴って上下の椎体を結合していきます。そうしていくにつれ複数個あった骨が1つになり仙骨と尾骨と呼ばれるようになります。

     

    先程、頸椎は人間も他の動物も変わらないと書きましたが、腰椎は少し違います。胸椎は人間だけ前弯しています。これを腰椎前弯と呼びます。人間の体を横から見ると、首が前、胸が後ろ、腰が前、お尻が後ろに出て全体的に見るとS字状になっています。このS字状が人間の二足歩行を可能にしています。

     

    脊柱の動きについても少し説明します。頸椎の可動性は前後左右など広いのですが、それに比べ胸椎や腰椎は可動域が狭いです。こうした脊柱の特徴を知っておくことで怪我の予防や機能向上などにもいきます。そこまで難しい話しではありません。頭の隅に置いといてもらいたいと思います。

  • 横浜の笠原接骨院が首の痛みについて解明

    2018/10/29

    横浜の笠原接骨院が首の痛みについて解明

     

    こんにちは 

    笠原接骨院です。

     

    今回は首の痛みについて説明します。

     

    首は人間にとってとても重要な役割を担っているのはご存知ですよね。その分、急所であり身体の中で一番弱い部分でもあります。ではそんな身体の要でもある首にはどのような症状があるのか。

     

    首には自律神経が集中していて自律神経にまつわるさまざまな症状を発症します。

     

    自律神経とは

     

    自律神経には二つの種類があり、交感神経と副交感神経です。この二つの神経にはそれぞれの役割があります。

     

    交感神経は別名、昼の神経とも呼ばれています。その名の通り昼間や活動的な時間に活発になります。精神的な刺激、例えば緊張や興奮、怒りや不安を抱えている時も反応します。

     

    副交感神経は交感神経とは逆で、夜の神経と呼ばれています。身体を緊張から解放し、休憩させるように働きます。脈拍がゆっくりとなり血圧も下降します。これにより睡眠が可能になります。

     

    通常はこの二つの神経がバランスよく働きこのですが、首に痛みがある方は神経を圧迫してしまいバランスを崩してしまいます。そうする夜間に交感神経が働いてしまい、睡眠不足や不眠症、逆に昼になっても副交感神経が働き続けてしまい過眠症を引き起こす可能性もあります。皆様も耳にしたことがあるかもしれませんが、自律神経失調症というのもこの首の痛みが原因となる症状です。

     

     

    ではなぜ首に痛みが出るのか。姿勢の問題です。姿勢の悪い人は、猫背気味になり常に首に負担がかかるようになります。悪い姿勢の方の98%は足裏に異常があります。いかに足の裏で踏ん張ることが重要かということがお分かり頂けると思います。他の記事にも書いておりますが、足の裏は人間が地上に立つ上でとても重要な役割を担っております。足裏の改善こそが首の痛みの改善につながります。

     

  • 横浜の笠原接骨院が正しい背骨について解明

    2018/09/27

    横浜の笠原接骨院が正しい背骨について解明

    こんにちは

    笠原接骨院です。

     

    本日は背骨についてです。皆様は背骨がどのような形をしていたら正しいかご存知でしょうか。そしてその正しい背骨は何歳の時に形成されるのか。正しい背骨の形、そしてどのように正しい背骨にして行くのかについて解明していきます。

     

     

    1、正常な背骨

     

    2、背骨の形成

     

     

    1、正常な背骨

     

    正常な脊柱、前後に少しづつ湾曲していて、自然なS字カーブを描いてる状態です。悪い背骨の場合は、左右どちらかに傾いていたり、湾曲が少しではなく大きくしてしまったりしています。ではなぜこうなってしまうのか。それは悪い姿勢で、長時間維持されてしまうのが原因です。特にデスクワークなどの患者様が当院でも多くみられます。なのでデスクワークなどをしている方は適度に体を動かすようにしましょう。また日頃の姿勢も意識してみましょう。先ほども言ったように背骨が少し前後に湾曲している状態です。

     

    2、背骨の形成

     

    ではこの正しい背骨はいつ作られるのか。新生児から幼児期までの間、背骨は卵のように丸くなっています。そこからハイハイをした時に、腰椎と仙骨の角度と、脊柱の角度が正しい形に強制されていきます。そして仙骨が37度の角度に来た時、頭の重みをバランスよく保てるようになり、つかまり立ちができるようになります。そしてより背骨の角度や腰椎、仙椎が定まって来た時、直立二足歩行ができるようになります。この期間は個人差があり、人によって全く違います。この時期は人間にとってとても大切な時期なのです。なので無理に立たせたりしないようにしましょう。脊柱の角度が正常でないのに無理に立たせたりしてしまうと、その状態で角度が決まってしまい、悪い姿勢のまま成長することになります。保育園や幼稚園などでは、腰椎をたてて座る時間を設けているところもあるそうです。ご家庭でも実践出来るような方法として、一輪車などがあります。一輪車でバランスを取る姿勢は理想的な姿勢です。普段からこのよう姿勢を意識しましょう。

     

    おさらいです。

     

    背骨の正しい状態は前後に少し湾曲していてS字カーブの形です。この状態が形成される時期は、新生児から幼児期にかけてです。正しい背骨が形成されるとハイハイからつかまり立ちができるようになります。焦って立たせたりしないようにしましょう。正しい仙骨の角度は37度です。ぜひ覚えてください。悪い姿勢は、腰痛や頭痛などを引き起こします。ぜひ意識してみましょう。